株式会社宮城環境保全研究所
気になる樹木の病・害虫
宮城県地方の森林をはじめ、身近な緑化木や庭園木に見られる害虫について、簡単な見分け方や防除の方法を樹木医が「病・害虫あれこれ」として解説します。
19件のうち1 - 19件目を表示しています。

 バラの葉の上で春から秋にかけてよく見かける害虫です。 発生初期には群生して成育していますが、成育するにつれ拡散しながら葉を食害します。これによりバ...
続きを読む | 閲覧(307) 
 ほとんどの植物でアブラムシのつかない植物は無いといっても過言でないほど、ごく普通に見られる害虫です。このように寄生する植物も違うのならアブラムシの種類もそれぞ...
続きを読む | 閲覧(377) 
 サクラの木が葉を食い尽くされ丸坊主になっている被害の多くは、このモンクロシャチホコの仕業でないかと思われます(他に「アメリカシロヒトリ」もこのような食害をしま...
続きを読む | 閲覧(294) 
 発生は年1回。成虫は7~8月頃に現れて葉の裏に産卵します。 卵から孵化したばかりの幼虫を「若齢幼虫」と呼びますが、 この若齢幼虫時代のドクガは集団して葉を...
続きを読む | 閲覧(539) 
 アブラムシと並んで庭木、花木、果樹、観葉植物など数多くの植物に寄生し、樹液を吸うやっかいな害虫です。 虫の種類も多く習性や形態も多様で貝殻に似た殻を被ってい...
続きを読む | 閲覧(674) 
昔はどこの場所でも天然の栗拾いができたのですが、 今では広葉樹林の中でも栗を見つけることが難しくなりました。 なぜなら、クリタマバチというハチ目の幼虫が...
続きを読む | 閲覧(899) 
仙台市内の青葉通りや定禅寺通りのきれいなケヤキの葉でも、 気を付けてよく見ると、葉の表面に壺上のコブが出ているのを確認することができます。 思いがけずも、こ...
続きを読む | 閲覧(937) 
シャチホコガ科の昆虫で、 名の由来は蛾である成虫をシャチホコに見立てたものから その名が付いたと言われています。 9月~10月頃に、桜類の葉を食い尽く...
続きを読む | 閲覧(828) 
昨年までは毎年、 各地の公園や街路樹の葉を食害するアメリカシロヒトリが大発生し、 丸坊主になった樹木が目立ちました。 この害虫も皆さんによく知られるよ...
続きを読む | 閲覧(712) 
 先月掲載した「サンゴジュハムシ」とともに、 ヒイラギなどの街路樹や生垣の葉を食害する害虫に 「ヘリグロテントウノミハムシ」があります。  ...
続きを読む | 閲覧(4329) 
 若葉が眩しい季節になりました。    特に街路樹や生垣などに多く植えられるサンゴジュの春の若葉は光沢があり艶やかな広葉が美しいものです。...
続きを読む | 閲覧(1625) 
トドマツオオアブラムシ トドマツに寄生する大きなアブラムシということから 名付けられた虫です。 トドマツは北海道の郷土樹種で、 その多くは森林内に木...
続きを読む | 閲覧(1501) 
 林業上の主要樹種であるスギに大打撃を与える害虫が 「 スギカミキリ 」です。 「ハチカミ」と言われる根元周辺から樹幹の上部までの範囲に、 ...
続きを読む | 閲覧(1388) 
以前に広葉樹類に寄生する「カツラマルカイガラムシ」について述べましたが、 今回は林業の主要樹種であるスギに寄生し、 枯らすほどの威力を持つ 「スギマルカイガ...
続きを読む | 閲覧(1681) 
栗駒や鳴子地域で、毎年のように話題になるのが ブナ林に発生する 「ウエツキブナハムシ」 です。 ブナの葉っぱの上面について食害するのでこの名が付いています。...
続きを読む | 閲覧(967) 
これまで森林や樹木に発生する病害虫について述べてきましたが、 今月は家庭の垣根や環境緑化木として多く植えられているツゲ類に、 近年多く被害発生が見られる「 ...
続きを読む | 閲覧(3941) 
地球温暖化のせいか先月号で取り上げた「ナラ枯れ」と同様に、 これまで見られなかった害虫が多くなり、県内広範囲で広葉樹での被害が発生しています。 ケヤ...
続きを読む | 閲覧(1737) 
これまで見られなかったミズナラやコナラなどドングリのなる木が枯れています。 宮城県内では、平成21年に旧鳴子町で被害が初めて確認され、 その後は山形県に接す...
続きを読む | 閲覧(1553) 
今月から,宮城県地方の森林や緑化木・庭園等の樹木に多く見られる病気や害虫について解説していていきたいと思います。 まず始めに,今月は松類に発生する「松くい虫」...
続きを読む | 閲覧(1529) 


19件のうち1 - 19件目を表示しています。

 

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


Copyright(C)2007.株式会社 宮城環境保全研究所 Rights Reserved top