株式会社宮城環境保全研究所
気になる樹木の病・害虫
宮城県地方の森林をはじめ、身近な緑化木や庭園木に見られる害虫について、簡単な見分け方や防除の方法を樹木医が「病・害虫あれこれ」として解説します。
6件のうち1 - 6件目を表示しています。

 若い葉が火膨れ状になり肉厚になったり、ひねくれた球状になったりし、時期が進むと色が淡い桃色になり、全体的に淡色系に変わる病気です。さらに進行すると白いカビ状の...
続きを読む | 閲覧(369) 
 ソメイヨシノを初めとするサクラ類に大きな被害を及ぼしているこの病気は、カビの一種によって引き起こされる病気です。枝の病巣部で越冬した病原菌は開花後に胞子を飛ば...
続きを読む | 閲覧(450) 
 名前にあるように、若い葉や茎の表面に白いカビが一面に出るもので、 これがちょうど小麦粉をふりかけたように見えることからこの名がついています。 この病気は色...
続きを読む | 閲覧(755) 
 春先、きれいに出揃った葉の色が薄くなり火膨れ状になった葉は醜いものです。 これは葉が縮むと書いた「縮葉病」と呼ばれる病気にかかったものです。 病気の葉は、...
続きを読む | 閲覧(735) 
 病原菌は、宿主に「さび病」としてビャクシン類に発症し、 その中間宿主に「赤星病」としてナシやボケなどバラ科の樹木を行き来しながら伝播する病気です。  ...
続きを読む | 閲覧(899) 
「 マツ葉ふるい病 」 森林内のマツ類にはあまり見かけることはありませんが、 近年、アカマツやクロマツの見事に仕立て上げられた庭園樹などで よく見かけ...
続きを読む | 閲覧(1743) 


6件のうち1 - 6件目を表示しています。

 

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


Copyright(C)2007.株式会社 宮城環境保全研究所 Rights Reserved top