株式会社宮城環境保全研究所
気になる樹木の病・害虫
一覧にもどる
宮城県地方の森林をはじめ、身近な緑化木や庭園木に見られる害虫について、簡単な見分け方や防除の方法を樹木医が「病・害虫あれこれ」として解説します。
No.9 トドマツオオアブラムシ
トドマツオオアブラムシ
トドマツに寄生する大きなアブラムシということから
名付けられた虫です。

トドマツは北海道の郷土樹種で、
その多くは森林内に木材を生産する目的で多く植えられていますが、
仙台市内中心部のビルの広場に環境緑化木として植えられていました。

そのトドマツが衰弱しているので診断してほしいとの依頼で駆けつけたところ、
小枝の枝分かれ部にビッシリと張り付いている虫がいました。
多くのアブラムシを観察していますが、これほど大きなアブラムシを
見たのは初めてでした。
 
◆虫の出かた・生活史
4月下旬~5月上旬に卵から孵化した幼虫や成虫が
幹や枝に口吻を刺して樹液を吸汁する

生息する虫の数は春から夏にかけて急激に増加し、
8月頃ピークに達する

大きくなった樹木には寄生しにくくなるが、
被害甚大の場合には枯死するものもある
 
被害の受けやすい樹種
トドマツ、モミ類
 
防除の方法
アリと共生関係があるので、その関係を断ち切る

アブラムシ駆除用の殺虫剤が各種販売されていますが、
冬期に害虫や病害の双方に効果のある石灰硫黄合剤を散布することを
お勧めします。
これからの寒さに向けての作業です、多くの樹木に試してください。
被害の現れ方


仙台市青葉区内のビルに植えられているトドマツ

枝の分かれ部に寄生していた
トドマツオオアブラムシ

閲覧(1403)

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


Copyright(C)2007.株式会社 宮城環境保全研究所 Rights Reserved top