株式会社宮城環境保全研究所
気になる樹木の病・害虫
一覧にもどる
宮城県地方の森林をはじめ、身近な緑化木や庭園木に見られる害虫について、簡単な見分け方や防除の方法を樹木医が「病・害虫あれこれ」として解説します。
No.16 モンクロシャチホコ
シャチホコガ科の昆虫で、
名の由来は蛾である成虫をシャチホコに見立てたものから
その名が付いたと言われています。

9月~10月頃に、桜類の葉を食い尽くす害虫は「モンクロシャチホコ」!
といわれるほど、当地方では普通に生息しており、
桜毛虫とも言われるメジャーな害虫です。

体表面は赤黒く、つぶすと青汁が出ます。
あるブログではこの虫を食べると桜の香りがして
とてもおいしい虫だと話題になっています。
 
◆ 被害の出かた ◆
*秋に赤褐色の毛虫が葉裏に群生し葉を食害します。
*生息密度が高く、群生して食害されると樹木全体が丸坊主になります。
*秋に大発生すると来年の花芽も食われてしまい、翌年の開花に影響します。
◆ 被害の出やすい種 ◆
*サクラ等のバラ科など。
特にサクラは広範囲・単木的に異常発生する。
 
◆ 防除の方法 ◆
*若齢幼虫のテント状に作った巣を枝毎切り取り、焼却や足で踏みつぶす。
*薬剤での防除は、葉裏にディプテレックスやスミチオン乳剤を
散布するのが有効。
◆ 被害の現れ方 ◆

 

路上に落下した成熟幼虫
これを食べる人もいるとのこと

閲覧(897)

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


Copyright(C)2007.株式会社 宮城環境保全研究所 Rights Reserved top