株式会社宮城環境保全研究所
気になる樹木の病・害虫
宮城県地方の森林をはじめ、身近な緑化木や庭園木に見られる害虫について、簡単な見分け方や防除の方法を樹木医が「病・害虫あれこれ」として解説します。
5件のうち1 - 5件目を表示しています。

 ベニカナメモチ(レットロビン)の赤く美しさが鮮やかな新葉の出揃った頃、葉の表裏に赤い小さな斑点が多数出現し、大きく病斑が広がる病気です。 やがて病葉は落葉し...
続きを読む | 閲覧(473) 
 この病気は、葉に出た病斑の中央部が灰黒色になり、周辺部は黄変します。 そのまま被害が進むと葉全体が黄化がひどくなり早期に落葉します。 特にバラでの被害はひ...
続きを読む | 閲覧(760) 
イチジクを栽培されている方のお困りの様子が想像できます。 イチジクの木には必ずと言っていいほどこの虫による被害が見られます。 下の写真のように、被害の激しい...
続きを読む | 閲覧(1488) 
ツツジやウメの古木などの幹や枝先にコケ状のものが張り付き、 先端部が枯れたり、枯れかかったりし、厄介がられることの多い病害(?)です。 その反対に盆栽の松な...
続きを読む | 閲覧(9069) 
 「コスカシバ」という名前を聞いたことはありませんか。 不思議な名前ですが、コスカシバはサクラ類の樹幹に被害を与える害虫で、 成虫は蜂みたいな形態...
続きを読む | 閲覧(2077) 


5件のうち1 - 5件目を表示しています。

 

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


Copyright(C)2007.株式会社 宮城環境保全研究所 Rights Reserved top