株式会社宮城環境保全研究所
トップ  >  No.43 サンショウ(山椒)
八幡町界隈 花の歳時記43
サンショウ(山椒)
(株) 宮城環境保全研究所  大柳雄彦


香辛料として重宝され、人家にも植えられている
 
 若葉を食用に、また材をすりこぎにするサンショウは、ミカン科の落葉低木で、昔はハジカミと呼んでいた。神話の世界になるが、古事記の中巻にその名が出ている。
それによると、初代神武天皇が日向を発って東征の途上、浪速に土着する勇猛な長脛彦(ながすねひこ)が、多数の兵士を集めて手向かってきた。時に、神武帝の重臣大久米命は、部下の士気を鼓舞するため次の歌をうたわせ、難敵長脛彦の軍勢を打ち破ったとある。
みつみつし久米の子らが
垣もとに植ゑし椒(はじかみ)口ひひく
吾は忘れじ撃ちてし止まむ
 これが有名な久米歌(くめうた)といわれるもので、最後の一句は、太平洋戦争当時、日本国民の戦意を高揚するスローガンとして盛んに使われたものである。
 サンショウは、北海道から沖縄にいたる全国の丘陵帯に分布し、主に雑木林の内部に生えている。古来、わが国の代表的な香辛料として重宝され、人家にも植えられてきた。漢字で山椒の字が当てられているが、本物のサンショウは中国に自生しないので、この字は漢名ではなく和名である。中国大陸に分布するのは同じ科のイヌザンショウで、こちらは香椒子と書く。因みに英語では、日本の胡椒という意味でJapanese pepperと綴る。
 西日本ではこの木を一般にサンシュの方言で呼ぶ。九州の民謡「ひえつき節」でうたわれる「庭のサンシュの木 鳴る鈴かけて ヨーオーホイ」はサンショウの木のことである。
 サンショウは成長すると、3mぐらいの高さに達する。よく分枝して若枝は淡緑色、葉柄のつけ根に鋭い刺が対生につく。濃緑の葉は奇数羽状複葉で長卵形の小葉が羽軸に沿って4~9対、先端に1枚が直交してつく。小葉の先は浅く2裂し、葉縁の鋸歯の凹部に腺点が目立つ。この葉を手で揉みつぶすと芳香が周辺に漂う。
寺の水 飲めば山椒の芽が匂ふ          青柳志解樹
日もすがら機(はた)織る音の山椒かな      長谷川素逝
 サンショウの若葉には独得の香りと辛さがあり、春の日本料理には欠かせない。木の芽和え、木の芽味噌、木の芽田楽などのほとんどは、サンショウの芽を利用したもので、古い葉は佃煮にしても食べられる。

山椒をつかみ込んだる小なべかな        小林一茶
擂鉢を膝でおさへて山椒の芽           草田時彦
田楽は野点(のだて)の娘らも串もて喰い    富安風生


 
若葉は、木の芽和えなど、春の日本料理には欠かせない
[写真は仙台市青葉区八幡町にて 山本撮影]


 

投票数:13 平均点:10.00
前
No.42 コブシ(辛夷)
カテゴリートップ
八幡町界隈 花の歳時記
次
No.44 ソヨゴ(染木)


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


Copyright(C)2007.株式会社 宮城環境保全研究所 Rights Reserved top