株式会社宮城環境保全研究所
トップ  >  No.92 クリ(栗)
 
八幡町界隈 花の歳時記92
クリ(栗)
(株) 宮城環境保全研究所  大柳雄彦

 

 一口に八幡町界隈といっても区域は広い。標高の高い西部には、大崎八幡の境内林をはじめ、雑木林や屋敷林などのみどりが多い。仙台市は、これらの緑地のうち、自然度の高い樹林地を、「杜の都の環境をつくる条例」により、「保存緑地」に指定した。同市建設局の資料によると、町内に八幡地区1、国見地区3、計4箇所の保存緑地があり、指定面積は15.1haとある。

 

 7月初めの梅雨晴れのある日、知人の所有する国見4丁目の保存緑地を訪ねてみた。そこはかつて薪炭生産が行われていた雑木林で、林冠部には、ちょうどクリが花を咲かせていた。
 クリの実は、秋の味覚として誰でも知っている。しかし、クリの花を知る人は意外にも少ない。淡黄色の紐のような花は、目立つものではなく、しかも花期が梅雨のさ中ということもあって見掛ける人は少ない。いみじくも俳人芭蕉は、「世の人の見付ぬ花や軒の栗」の句を残す。
 今回は、梅雨に咲くクリを季題に取り上げてみた。

 

 
梅雨の晴れ間に咲く栗の花 

 

 クリ(Castanea crenata)は、ブナ科クリ属の落葉高木。北海道南部から九州にかけて分布し、朝鮮半島にも自生する。里山に広がる雑木林の優占種であるが、しばしば奥山のブナ林にも混成する。
 樹高は10~15m、稀に30mを超す巨木もある。樹幹は直立し、樹皮は黒褐色、老木になると縦に深く裂ける。葉は互生につき、葉身は狭い楕円形、多数の側脈が平行につき、縁に鋭い鋸歯がある。
 雌雄同株で花期は7月、ブナ科の仲間では、最も遅く咲く。雄花序は、今年伸びた枝に淡黄色のブラシのような尾状花を、やや上向きにつける。これが強烈な匂いを発散させ、いろいろな昆虫を誘き寄せる。雌花は雄花序の基部に1~2個つき、緑色の鱗片を多数つけた総苞につつまれる。その後、鱗片の腋から多数の棘(とげ)が伸び、これが秋には「いが」に発達し、内部に3個の果実(クリ)が入る。

 

 クリの語源は、「大和本草」に記述される「クリは黒なり、実の皮黒し」に拠るといわれる。しかし朝鮮語のKulからきているとする説も有力だ。漢字で栗と書くのは、中国の漢名をそのまま踏襲したもの。
 クリの実は、各地の縄文遺跡から多数出土しているように、昔から食用にされていた。栽培の歴史も古く、7世紀には植林の奨励された記録が残る。野生のクリはシバグリと呼ばれ、小粒ながら味は良好だ。そこで栽培種はシバグリのなかの実の大型のものを選抜し、これらを交配するなどして、改良を重ね、一時は150種を超える品種が登録されていた。ところが、昭和30年ごろ、クリタマバチが異常発生し、これらの品種の大半は消滅した。その後は、害虫に抵抗性のある品種として開発された銀寄、筑波、西明寺などにより、集中的に栽培され、生産量は回復した。
 なお、デパートや街頭で売られる天津甘栗は、シナグリ(C.molli ssima)のことで、産地は中国の万里長城周辺とのこと。

 

 
縦に裂ける栗の樹皮 

 

 栗の字が、古典にはじめて現れるのは古事記の応神天皇の条。天皇は、日向の国に髪長姫という絶世の美女がいることを聞き、宮廷に召し出した。そこに同席していた皇子の大雀命(おおささぎのみこと)(後の仁徳天皇)が、一目でこの姫を見染め、父の天皇に「ぜひこの姫を私にお譲り下さい」と懇願した。応神帝はしぶしぶ「三栗の中つ枝のほつもり赤ら小嬢(おとめ)をいざささば好(よ)らしな」と詔を賜り、皇子の要望に応えたとする話が載る。詔にある「三栗の」は、「なか」にかかる枕詞。栗のいがの中には3個の実が入り、外側の実が中の実を抱いていることに由来する。古代はこの枕詞をほめ言葉として用いていた。
 万葉集にも次の歌が収まる。

 

   三栗の那賀に向へる曝井(さらしい)の絶えず通はむそこに妻もが(巻9.1745)

 

 那賀で向かい合い、絶えず流れている滝のように、私も那賀に通って来よう。そこにはいとしい娘もいてほしい、というのが大意。那賀は常陸国の地名。因みに茨城県は日本一の栗の産地である。
 万葉集で栗といえば山上憶良の「子等らを思ふ歌一首」も有名。

 

   瓜(うり)食(は)めば子ども思ほゆ栗(くり)食(は)めばまして偲はゆ・・・・(巻5.802)

 

 筑前守であった憶良の任地での作。瓜を食べると故郷に残したきた子供のことが思われ、栗を食べると尚一層偲ばれる・・・・と子煩悩ぶりを丸出しにした歌で、この後も続けて

 

   銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに勝れる宝子に及(し)かめやも(巻5.803)

 

 と反歌で締めている。
 古歌集に姿を見せなかった「栗の花」は、俳諧の時代になり、ようやく、梅雨に咲く季節の花として登場する。栗の花のほか、「花栗」「栗咲く」などが夏の季題とされ、江戸期の作もあるが、ほとんどは近世の句である。

 

   藪原や谷を隔てヽ栗の花      高浜 虚子
   栗の花紙縒(こより)の如し雨雫   杉田 久女
   山雲の野に下りしより栗の花    水原 秋桜子
   栗の花ときをり思ふ人のあり    横光 利一

 

 これらは、梅雨空の下に咲く栗の花そのものを詠んだ句。

 

   よすがらや花栗匂ふ山の宿      正岡 子規
   花栗のちからかぎりに夜もにほふ  飯田 龍太
   花栗に寄りしばかりに香にまみる  橋本 多佳子
   岨(そば)道や匂へば仰ぎ栗の花   高浜 年尾

 

 栗の花は虫媒化で、強烈なにおいを周辺に漂わせる。第1句の「よすがら」は夜通しの意。

 

   逗留の窓に落つるや栗の花     向井 去来
   毛虫にもならで落ちけり栗の花   正岡 子規

 

 栗の雄花序の落下を詠む句。栗の雄花は授粉が済むと雌花のつく基部の部分を残し、その先は落ちてしまう。第1句は数少ない元禄期の作。

 

   花栗の園アダムゐてイブがゐて   鷹羽 狩行

 

 クリ属は全世界に12種あり、そのすべては北緯30~40°の間に自生する。ヨーロッパグリは地中海の沿岸地域に分布し、古代ローマ時代からマロンと呼ばれ親しまれてきた。幻想的な虚構俳句と思われるが、作者は、山形県鶴岡市出身で、NHKの教養講座などで活躍中の俳人である。

 

 

[写真は山本撮影] 

 

投票数:14 平均点:10.00
前
No.91 キリ(桐)
カテゴリートップ
八幡町界隈 花の歳時記
次
No.93 ヤマユリ(山百合)


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失


Copyright(C)2007.株式会社 宮城環境保全研究所 Rights Reserved top